メンズたち

恐ろしい虫たち|人を刺すハチは早めに退治して危険を取り除こう

刺される前に対処しよう

蜂

ハチは人間が生活するさまざまな場所に巣を作ってしまいます。巣が小さいうちならば退治をするのは比較的簡単ですが、巣が大きくなりすぎてしまった場合には何かの拍子に刺されてしまうこともあるため危険です。無理をせずに専門家に退治を依頼しましょう。

もっと読む

状況に応じて対応

作業員

害虫駆除を行う際には、インターネットで害虫の特徴を調べた上で、それに応じた方法をとることで効果を上げることができます。しかし、他の要素が絡み、思ったように効果をあげることができない場合には、害虫駆除業者に相談することです。

もっと読む

被害を少なくするために

シロアリ

シロアリは発生する前に駆除することが理想的です。専門の業者に依頼して、防腐剤を散布するなどの対策を行うことが大切になります。万が一シロアリを見つけた場合も、焦らずに自分のできることをすると駆除の効率が上がります。

もっと読む

秋になるとよく見かけます

ハチと蜂の巣

種類や巣確認する

ハチを見かけることが数回あれば、それは近くにハチの巣があるサインかもしれません。ハチは春から秋にかけて活動していますが、特に秋ごろは活発になっていて極めて危険な状態です。もし自力で退治するのであれば、ハチの特徴を知っておいた方が安全です。すぐ作業にとりかかるのではなく、しばらく観察して巣の有無などの確認も行いましょう。また巣の大きさでも自力で退治できるか判断する必要があり、10cm以内であれば処置しても比較的安全といえます。それ以上大きなものやハチの種類によっては、自力で退治するのは危険な場合があるので業者に依頼することをおすすめします。蜂退治を依頼する際には、早急に対応してくれる業者を選ぶのが望ましいです。最初は小ぶりなハチの巣であっても、あっという間に大きな巣になっていたというケースも多いためです。また、ハチの巣が小さい方が駆除にかかる費用も安く抑えられます。

きちんと準備する

ハチを退治する場合、行動が鈍る夕方や夜の暗い時間帯で行いましょう。しかし暗くて手元が見えないと危険なので、照明を確保します。次に白色の防護服を着用します。役所などでレンタルできることもあるため、事前に確認しておきましょう。また整髪料などの香りがするものはハチを刺激する可能性があり、においがしないかチェックをしてください。一番大切なのは殺虫剤を用意することです。これは専用スプレーがいいですが、他のゴキブリ用などでも代用できます。いきなり近づくのではなく、少し距離を置いたところから噴射し続け弱らせることが大切です。そのためスプレーは数個用意するのが良いでしょう。ハチや巣はゴミ袋などに入れてしばらくの間放置します。生き残っていた場合刺される危険があるためです。決して安易に行わず、きちんと準備することが大事です。